2018/09/04
車のアレコレ

憧れの新車キッチンカーを手に入れるまでに知っておくこと

新車の種類は全部で3種類

新車と言っても車両本体と制作部分(改造部分)を分けて考えます。
その組み合わせが3通りに分けられますのでそれぞれの特徴をまとめました。

1新車をフルオーダー
2新車を買って中身は自分で造る
3すでに制作済みの新車を買う

1.新車をフルオーダー

自分の好みにキッチンカーを制作してもらいます。
提供メニューに合わせた仕様やイメージに合わせた外装デザインなどこだわりはひとそれぞれ。
もちろん費用もひとそれぞれです。
オシャレなキッチンカーはやはりフルオーダーが多いみたいです。
制作の打ち合わせから初めて納車まででおおよそ半年は見ておいた方が
いいでしょう。

2.新車を買って中身を自作

キッチンカーの土台である車両を仕入れ中身を自作します。
中身を制作するにあたっての注意点は営業許可に関係してくる部分です。
給排水の容量とシンクの大きさ、換気設備の有無などです。
もちろん保健所の許認可に適合するように制作することが必要です。
また費用が抑えられるのはこれが一番です。

3.すでに制作済みの新車を買う

インターネット上にある販売業者さんなど車両がほとんどです。
ただしこの場合の多くは車体本体が中古車であることが多く、新車はまれです。
また営業区域の許認可に適合しているかどうかなど不確定要素が高くあまりおすすめしません。
費用を安く抑えたい、中古車でいいという方はこちらを参考にしてください。
内部リンク

オススメの車両はこれ

ズバリ軽自動車の新車が一番のおすすめです。
またバンなどではなく天井が高い方がよりいいです。
主な理由としては営業場所の問題です。イベントやランチなどの出店場所などでどうしても車のサイズNGなことがあります。

軽自動車であれば全く問題なくパスできます。
また天井が高いことにより車内空間が広く保てますし、立っての作業ができます。座りでの仕事ですと腰に負担がかかったりするのでやはり立ちでの仕事ができるのがおすすめです。
費用の面でも普通車や1.5tトラックより軽自動車の方が安く済みます。
自分好みの車をフルオーダーして見てはいかがですか?

車のサイズはこう選べばok

主には小型か中型の2種類の選択になると思います。
(大型トラックやトレーラーなどの大型もありますがそれらは企業プロモーションなどに利用され、価格も一千万円を超えてくるのでここでは割愛します。)

小型(軽自動車)

中型(普通車)

小型(軽自動車)
ランチ出店や中規模までのイベント出店まで幅広く使えますので
スタートアップで始めたい方におすすめです。
提供商品は限られてきますが、自慢の一品で勝負するのもいいかもしれません。
都内での現場は狭いところが多くありますのでサイズが入らないということで出店できない、、、なんてことはまずありません。
初めはどんな現場でも仕事をとりたいものですよね。
また都内で見かけるほとんどがこの小型車両と言えるでしょう。
また軽自動車であれば車検や自動車税、重量税などの維持費も安く済みます。

中型(普通車)
主にイベント出店を中心に仕事をされたい方にいいでしょう。

車内の広さが十分にあるので、2つのメリットがあります。
1つめは営業許可の取得が用意なことです。給排水タンクの容量やシンクの大きさなどが関わってきますが、スペースに余裕があることで内装の自由さが生まれます。したがってほぼ全ての都道府県で営業許可が取得できます。

2つめは車内に2人以上入って営業できる点です。
オペレーションを組むことにより商品提供時間を短くすることが可能です。
複数の商品を扱いやすくなりますのでメニューに幅が広がるのがポイントです。
よく見かけるのはケバブサンド、ケバブライスプレート、トルコアイス。
などのイベントで大人気のパターンですね。
オシャレなラッピングしてイベント出店になんて最高に楽しいですね。

費用はこのくらい?

実際にどのくらいの費用がかかるのかは気になるところ。
フルオーダーで制作するとなると一体いくらかかるの?
などなどの実態に迫ります!

フルオーダーと中古の比較

フルオーダーと中古の違いから考えましょう。
インターネットで検索してみると新車の軽自動車のキッチンカー取得相場はだいたい203万円から225万円くらいです。
あくまでこれは量産型ベースグレードです。
そこから自分のやる商材用にカスタマイズしたり、ペイントしたりする必要がありますがベースグレードでも営業は可能です。

では中古車はどうでしょうか?
中古車情報サイトの相場は乗り出し価格で150万円から200万円です。
手直しが必要な場合がほとんどですのでやはりやはり180万円〜200万円弱はかかってしまいます。
またベースが中古車(特に商業用)ですと結構荒い使い方をされているものも数多く存在し、ハズレを引いてしまうと修理などで大変です。
いい車両はすぐに売れてしまうので掘り出し物を探すには毎日ネット情報をチェックしましょう。
以上のことから新車フルオーダーと中古の価格差が分かりました。
あくまで相場ですのでご自身の予算とタイミングで判断してくださいね。

キッチンカー.トウキョウでは新車キッチンカーを228万円から制作が可能です。
キッチンカー.トウキョウのキッチンカー制作はコチラ

納期は余裕をもって

キッチンカーを制作するにはやはり時間は必要です。
打ち合わせの時間を含めて納車までは4ヶ月から6ヶ月は見ておいた方がいいでしょう

キッチンカー制作(購入)なら

やはり制作するなら安心して任せられるとこにお願いしたい。
また何社か話を聞いてみて考えてから決めたい。
ここではいくつかのサイトをご紹介します。

K-BOX

埼玉県にある制作会社さん
制作事例も多く、ベースグレード価格が安い。
そこからペイント、オプションなど自分仕様にできる

F.B.AUTO

神奈川県にある制作会社さん
業界では老舗で1000坪ある敷地に様々なタイプの車がある。
実車を見て選べるのはここが一番。

ACE CATERING

大阪にある制作会社さん
車両の制作だけでなくイベント出店やケータリングなども行なっている。
制作した後も仕事でのおつきあいができるのが特徴。
関西圏ではここがおすすめ。

関連記事

事例でわかるおしゃれなキッチンカーのまとめ

行列の出来るキッチンカーを見てみると オシャレな雰囲気の車が多いですよね。 キッチンカーで開業するなら、車のデザインもこだわりたいところ。 「どんな色にしようか」「どんなロゴがいいかな」 決して安くはありませんし

【キッチンカーの中古】プロが教える注意点からおすすめ車両まで!

キッチンカーとは? 最近ではテレビのドッキリ番組で頻繁に登場するので、見覚えがあるのではないでしょうか。 キッチンカーとは、簡単に言うと移動販売できるキッチン付の車両です。 販売している物は様々で、カレーライスやサ

キッチンカーをレンタルする場合の相場は?最安値情報から営業許可まで一挙解説

レンタルのメリット キッチンカーレンタルの最大のメリットはコスト面。 圧倒的な低予算でキッチンカー開業が出来ます。 またコストだけでなく、 準備や手続きにほとんど手がかからない点も魅力です。 コスト面を見ると 購入の

憧れの新車キッチンカーを手に入れるまでに知っておくこと

新車の種類は全部で3種類 新車と言っても車両本体と制作部分(改造部分)を分けて考えます。 その組み合わせが3通りに分けられますのでそれぞれの特徴をまとめました。 1新車をフルオーダー 2新車を買って中身は自分で造る 3

費用を抑えられる。中古車で始めるキッチンカー

中古キッチンカーのメリット キッチンカーで起業するにあたって中古で始めたいと思う方は多いと思います。いくつかメリットをまとめてみました。 費用が抑えられる 一番の理由はコレではないでしょうか? 単純に車両に費用をかけたく